乳癌が転移した時の対処法とは|病気を悪化させない治療法

脳動脈瘤のついて

脳動脈瘤の紹介とできる部分について

脳動脈瘤とは、脳内血管にもある動脈の一部分が膨らんだ状態を指します。またこの状態は1.5パーセントから5パーセントの確率で脳動脈瘤を発症している可能性があるとされています。この確率の中でも更に細かく0.5パーセントから3パーセントの方が脳動脈瘤が破裂してしまう危険性があるのです。脳内で血管が破裂してしまうと脳梗塞などの病気を引き起こすことがあるため危険な病気なのです。また脳動脈瘤は脳内血管の枝分かれをする分岐部分に発生し、その理由としては分岐部分の血管の壁の脆さや血流、血圧が関係しているようです。

脳動脈瘤のタイプとできやすい場所

脳動脈瘤にはタイプがあります。脳動脈瘤の中でも一番多いとされている嚢状動脈瘤というタイプは小さくて1mmや2mm程で大きくなると20mmから30mmまでになるとされています。脳内の血管の中でも大きな血管周辺にできることが特徴で、脳の前頭と後頭部分に分かれているのも特徴です。このように脳動脈瘤ではできる場所によって症状も変わってきます。ある程度脳の中にある動脈は限られた場所にあるので特定や処置も行えますが、先程の嚢状動脈瘤のように前頭部や後頭部というような場所に分かれてくると処置も難しくなり、大事な神経に影響してしまう危険があるのです。この病気は診断によって除去しなくてはなりませんが、大きさと場所が重要になるので除去出来ないケースもあります。しかしその場合には投薬といった方法で治療が行えます。脳動脈瘤にならないのが一番ベストになるので脳ドックといった検査を一年に一回ほど受けておけば早期発見に繋がり重症化になるのを防ぐことができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加