乳癌が転移した時の対処法とは|病気を悪化させない治療法

転移について知ろう

ドクター

早期発見が重要

女性のシンボルである胸は将来子供が出来た時に母乳を上げる時の役割を果たし、癒しを与える存在です。その部分に出来る乳癌はとても憎たらしいでしょう。年間多くの患者を出す乳癌は、若い内に発症すると全身に広がります。最初の転移先はリンパ節で、わきの下にある部分は乳房と近い場所に位置するため他の部位への転移も必然的に早くなります。このリンパ節を通り他の臓器へ転移をしますからまだがん細胞が暴れない初期段階で見つけることが重要です。最近は、乳癌検診の呼びかけも活発になり特定の年齢に到達すると無料で検査ができます。これらの無料クーポンは受診率がまだ足りない今の状況に適しているでしょう。実際無料のクーポンを使って乳癌検診をした結果、早期発見につながった事例もあるので決して無駄ではありません。

肺に転移した場合

乳癌が進行して肺に転移した場合、他の臓器に広がっている可能性がありますから油断できません。また、肺に転移が見つかった場合、抗がん剤やホルモンを活用した治療を主に進めますが肺にがんが移ったことで外科手術をすることは滅多にありません。基本的に乳癌を中心にした治療をするのが病院の方針になります。手術で切除したとしても、結局他の場所で再発する可能性も否めません。そのような理由から病院側は抗がん剤とホルモンを中心にがん細胞を小さくしていくのです。

骨への転移

乳癌患者の大半が経験する骨への転移は、鎖骨や骨盤の骨、胸骨等あらゆる所に癌細胞を転移させます。骨に転移すると歩行が困難になる程痛みに悶え、骨折を頻繁に起こします。骨の転移には二つに分類することができ、一つ目は先ほど挙げた骨折や麻痺としびれがあります。二つ目は激しい痛みを伴うものです。これらを緩和する治療に、抗がん剤とホルモン慮法が使われています。また長く続ける患者では、半年で骨の修復を実現したケースが報告されています。

男女

受けるための条件

がん治療に用いられる方法に抗がん剤やホルモン療法等があります。また外科手術においては、腫瘍を切除することで完治が目指せるため生存率がアップします。近年は大阪の病院で免疫療法が取り入れられています。

ナース

転移がんの治療

転移がんはがんと戦う患者を苦しめる原因になります。また、その元々できていたがんの場所によって転移し易い場所というものもあります。その転移がんに効果のある治療を探し、がんと闘いましょう。

脳

脳動脈瘤のついて

脳動脈瘤は5パーセント未満の確率で起こる病になります。またの症状としては脳内血管が弱り、その弱った部分が膨張することによってなる病気です。膨らんだ血管が破裂してしまう危険性もあるので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加